家事を楽にするヒント|5分のすき間時間を有効活用

家事
スポンサーリンク

突然ですが、家事は好きですか?

みふみ
みふみ

私は…嫌いではないけど苦手

家事にどうも苦手意識があり、サボりたい気持ちは山々なのですが、かと言って散らかっている部屋にいるのも落ち着きません。

さらに、子どもが生まれてからは家事に集中できる時間も減りました。

そこで、苦手な家事を少しでも楽にできないかと試行錯誤してきた私が、「お!これなら頑張れそう!」と続けているのが、すき間時間を活用する方法です。

  • 憂うつな家事を楽にするコツ
  • 小さな「できた」を増やす
この記事では、家事に苦手意識のある人、とにかく家事が憂うつな人でも実践できるコツをご紹介します。

簡単ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

家事を楽にするコツは「すき間時間」

家事が憂うつなのはなぜでしょう?

  • 時間や手間がかかる
  • 義務感がある
  • 楽しくない

苦手だったり、やりたくないのにやっている義務感があったり、家事に対するマイナスなイメージが強いこともあるかと思います。

特に、「時間や手間がかかる」のは大きいかもしれません。

仕事で忙しい人は、貴重な休日が家事でつぶれてしまうのは嫌ですよね。子育てをしていると、正直そこまで手が回らない!と思うときもあります。

ならば、と私は考えました。ならば、家事に費やす時間を減らそう!

 

みふみ
みふみ

減らしてしまおう!!!

「そんなの無理」と思いますか。だけど、やりたくないものに時間をかけたくはないですよね。

だったら、少しだけやればいいんです。

朝の5分だけ。好きな番組が始まるまでの5分だけ。
寝る前の5分、10分だけ。

一度にやろうとするんではなくて、この「5分だけ」を積み重ねていく。

もちろん、それで乗ってきたらそのまま頑張りましょう。
5分だけでも、5分もやったんだから十分です。

 

みふみ
みふみ

5分って短いようで長いですよ

慣れてくると、「今のうちにやっちゃおう!」「あ、今ならこれだけはできる!」と時間を有効に使えている実感が出てきます。

ダラダラ過ごして、「あ~、家事が残ってる」と思うよりは精神的にも穏やかに過ごせますよ。

5分じゃ終わらない家事はこう考える

すき間時間を有効に使おう!とは言え、5分や10分で終わらない家事もありますね。

 

うさ子
うさ子

そうだよ。結局家事がたまるじゃん

洗濯干し、炊事など、すき間時間では終わらない家事はどうするのか?

それは、「いかに少ない時間で終わらせられるか考える」のです。

 

みふみ
みふみ

時短家電や家事代行って手もあるね

たとえば、ご飯作りを例に考えてみます。

私は家事のなかでも特に、ご飯作りが苦手です。
買い出し、献立決め、料理、盛り付け、片付け、生ごみの処理…

食べるのは大好きなのですが、作るとなると話は別です。

しかも今は、コロナの影響で、3食すべて自宅で食べます。時にテイクアウトやお惣菜、冷凍食品も頼りますが、それでも自炊の時間が増えました。

嫌だ嫌だと思いながら作ると、時間はかかるわ、イマイチな料理だわ、ただ気は重いわ…のフルコンポ。

しかし、そんな時こそ「ミッションインポッシブル」です!!

 

みふみ
みふみ

映画は観たことないけどね

ご飯作りというミッションを、いかに時間をかけず遂行するか。

答えは簡単です。簡単なレシピにすればいい!

  • 作れる簡単なレシピを増やす
  • クックパットを駆使する
  • 調理器具を最低限にする

作れる簡単なレシピをメモするなり覚えるなりして、何度も作って自分のものにします。簡単なレシピだったら、食器や調理器具も少なくてすみます。洗い物も減らせますね。

冷蔵庫にある材料で作れるレシピにして、食材のムダも減らします(クックパッド大活躍!)。

調理器具を最低限のものだけ揃えます。調理の便利グッズもたくさんありますが、洗うのも管理も大変です。本当に必要か、なくてもできないか考えます。

 

みふみ
みふみ

とにかく早く終わらせることしか考えていません

早く終わらせて、いかに自分の時間を確保するか、ゲーム感覚で家事をしています。

洗濯は好きなのですが、これもいかに早く干すか、しっかり乾くためにどう干すか考えた結果、自分なりのルールができました。そのルールに従えば、あとは楽です。

もうどうしても嫌だ!やりたくない!時は、無理しません。

  • コインランドリー
  • ネットスーパー
  • お惣菜やテイクアウト
  • 家事代行
  • ハウスクリーニング
  • 宅配クリーニング

幸いにも現代はとにかく便利なサービスがありますので、お財布と相談しながら、どんどん活用しましょう。

頑張れるときに頑張りましょう。

 

みふみ
みふみ

それで文句言ってくる人がいたら「あなたがやって」でハイ終わり

小さな「できた」を増やして気持ちを楽に

5分、10分のすきま時間を活用すると、意外な効果がありました。

それは、家事を「できた」自分を認められるようになったこと。

たった5分で何を、と思うかもしれませんが、ぜひ経験してほしい効果です。

「憂うつで苦手な家事」
「やらなきゃいけない家事」

家事そのものもですが、家事に対するネガティブな気持ちが溜まってしまうと、ストレスが倍増します。後回しにすればするほど、気が重くなるだけですよね。

そんなネガティブな気持ちも、たった5分で解消できるなら楽じゃないですか?

 

みふみ
みふみ

むしろ「やればできるじゃん」って褒めたくなるよ

家事への気合いさえ入れられれば、5分でも達成感は十分に味わえます。

その達成感こそ、家事を楽にするコツなんです。

 

うさ子
うさ子

5分の小さな「できた」が気持ちを楽にするんだね

憂うつでできればやりたくない家事をやったんですから、褒めるくらい別にいいじゃないですか。

「家事できたじゃん、やったじゃん私ー!」って、バンザイするくらいの勢いで「できた」を増やしましょう。手抜きでもいいんです。ズボラでもいいんです。大丈夫です。

まとめ

  • 5分10分のすき間時間を有効活用する
  • 5分で終わらない家事はミッションインポッシブル!
  • 小さな「できた」を増やして楽になろう

主婦になって早8年。

自分でもびっくりするくらい家事能力の低かった私が、今では人並みにできるようになったのも、毎日の積み重ねのおかげです。

家事に苦しんでいる人は多くいます。
もっと家族に協力してほしい、と思っている人もいるかと思います。

家事は、自分だけがやることでは決してないので、周囲や外部のサービスを頼って、抱え込まないようにしてください。

そうして「頑張ってみようかな」と思ったら、ぜひ5分、10分のすき間時間を活用してみてください。食器洗い、お風呂洗い、玄関やトイレ掃除、排気口の掃除、思った以上にできることは多いですよ。

 

みふみ
みふみ

共に、無理せず頑張りましょうね

タイトルとURLをコピーしました