専業主婦の不安やモヤモヤは在宅ワークで解消!始めてよかった3つの理由

みふみログ 在宅ワーク

「ワーママを見ていると焦る!」
「このままでいいのか不安……」

さまざまな事情で専業主婦になったものの、どこか後ろめたい気持ちはありませんか?

家事や育児を一生懸命やっているはずなのに。子ども達を誰よりも近くで見られるのに……。

みふみ
みふみ

不安やモヤモヤを抱えながら過ごすのは、けっこうしんどいですよね

そんなモヤモヤを抱えている専業主婦の方におすすめなのが、在宅ワーク

現在の私は、日中は未就園児の子どもを見ながらも、「在宅ワーク」のおかげでメリハリのついた生活を送っています。

この記事では、実際に専業主婦から在宅ワーカーとなった私が、在宅ワークを始めてよかったと感じる理由を3つお伝えします

在宅ワークが気になっている方、モヤモヤを感じている専業主婦の方、日常の糧に ”在宅ワーク” を加えてみませんか?

2021.9 更新

下の子も入園し、小学校・幼稚園が始まったいま現在、在宅ワークのおかげで子育て優先の生活を送れています。これから先の働き方に悩む人にぜひ検討してほしい!

\ 登録は簡単!お仕事多数! /
クラウドワークスを見てみる

専業主婦が抱える不安やモヤモヤ……どうする?

みふみログ

ふとしたときに襲ってくる不安やモヤモヤとした気持ち。美味しいものを食べても、好きなドラマを観て気分転換してみても、何だか晴れないこの気持ち。

みふみ
みふみ

どんな環境の人にも悩みはあるよね

焦る気持ちばかりが膨らんで、動けなくなっている人もいるかもしれません。子育てだけでなく、介護や体調不良などによって働きたくても働けない人もいますよね。

私も体調不良や子育てによって、思うように動けないときを経験しました。

専業主婦が抱える不安やモヤモヤは、どうしたら解決できるのか?一緒に考えてみましょう。

不安やモヤモヤと向き合ってみる

以前、NHKのEテレ番組「すくすく子育て」で、専業主婦のモヤモヤについて興味深い特集がありました。

【参考】専業主婦のモヤモヤ – NHK すくすく子育て情報

専門家の先生が、ママたちの質問にていねいに答えてくれるのですが、「モヤモヤやつらい気持ちを大事に」「専業主婦の経験は生きる」など、モヤモヤを前向きに捉えるような回答が多く

みふみ
みふみ

わかる……んだけど、気持ちは晴れない

と、テレビの前で落ち込んだものです。

結局、今は我慢するしかないのかなぁと思ったのですが、公式サイトをよく読んでみると、気になる言葉がありました。

今、私は頑張っている、こんなに悩んでいる、このままでいいと思っていない、努力が必要だ。問いかけて、いろいろな自分自身を認めて、評価する。いちばん自分を評価できるのは、自分ではないでしょうか。

抜粋: 専業主婦のモヤモヤ – NHK すくすく子育て情報

どうしても周りに期待してしまうけど、まずは自分で自分を認めてあげましょうって。

「なるほど」と思った私は、不安やモヤモヤ、焦り、不満などのネガティブ思考を認めることから始めました。

こうしてブログに書ける程度には、悩むことがぐっと減ったんです

さて、不安やモヤモヤの正体を探るべく、紙とペンを用意してください(スマホのメモ機能でも、SNSでもいい)。

何が不安なのか、どうしてモヤモヤするのか、思いつくままに書き出してみましょう。

みふみ
みふみ

書き出してすっきり、で終わることもあるかも!

一度書き出してみると、客観的に不安やモヤモヤと向き合えます。頭のなかでは複雑そうに思えたことも、書いてみると案外「こんなもん?」と感じるかもしれません。

そうして、書き出した内容を改めて見てみると、

  • ご主人や家族と話してみる
  • 周囲の手を借りる
  • 1人の時間を持つ
  • 社会参加をする

など、解決できそうな方法が浮かんできませんか。

あれこれ焦って手をつけるより、自分と向き合って1つ1つ解決する方が実は近道だったりします

不安やモヤモヤを感じることを、一旦ストップさせるイメージで。「何が不安?どうしてモヤモヤする?」と自分に話しかけるように。

自分と向き合う時間を、少しでもいいのでぜひ作ってみてください。

▼ おうちヨガは自分と向き合う時間に最適です!

”社会参加”が解決の糸口かもしれない

私自身、不安やモヤモヤと向き合うなかで思った以上に孤独を感じていることに気付きました。

専業主婦になり、今までにない孤独感から周囲とのギャップや焦りを感じ始め、モヤモヤが膨れ上がっていたんです。

みふみ
みふみ

何を思ったか、ネットワークビジネスや新興宗教にハマりかけたことも(汗)

不安やモヤモヤを感じているのは、「今の自分に納得できていないから」とも考えられます。

家族のためだけじゃない、自分のための何か……時間や行動を求めているんですね。

以下、思い当たるものはありませんか?

  • 社会との接点がなく孤独
  • 将来への漠然とした不安
  • 周囲を見て感じる焦り
  • 理想と現実のギャップ

これらが思い当たる人は、”社会参加”が解決の糸口になるかもしれません。

社会参加とは、社会人として、社会の一翼を担うことを指す。
抜粋:Wikipedia

たとえば、仕事やボランティア、地域の活動、学校のPTAや役員など、主婦の社会参加にもいろいろな形があります。気になるものがあれば、ぜひ調べてみてください!

社会参加することで、「役に立っている」「頼りにされる」自分をもっと外に向けて求めてみませんか?

お金、やりがい、生きがい、楽しみや喜びを、家庭のなかだけでなく外でも味わうんです。

家庭に向けている視点を、ちょっとだけ外に向けてみる。それだけで、見える世界はぐっと広がるはずです。

みふみ
みふみ

雑誌やSNSで活躍する主婦が、実はヒントになるかもしれません!

\ 登録は簡単!お仕事多数! /
クラウドワークスを見てみる

在宅ワークなら「働く」ことへのハードルが下がる

みふみログ

ボランティアや地域活動に参加するなど、社会参加にもさまざまな形があります。なかでも身近に感じやすいのは、「仕事」ではないでしょうか。

一度仕事から離れた専業主婦にとって、働くってハードル高いですよね。

長いブランクがあったり、子どもがまだ小さかったり、働くことを断念した人もいるかもしれません。

私も夫が休みの日なら働けるかも……と、コンビニの面接や派遣登録をしたことがありますが、なかなか思うようにはいきませんでした。

みふみ
みふみ

子どもが小さい、親は遠方が不安材料だったようです。残念……

だけど、モヤモヤを解消するきっかけが掴めなければ、ずっとモヤモヤは続きます。そんなの苦しい。

子どもが小さいうちはたっぷり可愛がりたいけれど、自分の先のことも何とかしたい。

そこでおすすめなのが、在宅ワークです!

私は、2019年5月から在宅ワークを始めて「専業主婦ではない、仕事もしている主婦の私」になりました。

専業主婦であることで不安やモヤモヤを感じるのなら、専業主婦を辞めようと決めたんです。

まだ幼稚園に通っていない下の息子がいたので、外に働きに出るのは現実的ではありませんでした。託児つきの仕事もすぐ埋まってしまった、ということも。

みふみ
みふみ

その点、在宅ワークは「子どもを見ながらおうちで仕事」が叶います

子どものお昼寝時間や早朝、夜の時間を使えば何とかなるかも!と思えたのも、私の気持ちを在宅ワークへと向かわせました。

在宅ワークは主婦に向いてる?1年やってみたけど正直しんどい現実」にも書いたように、正直しんどい!と思ったのも一度や二度ではありません。

けれど、子どもを近くで見ながら仕事ができる環境はとてもありがたく、在宅ワークを選ばない理由が私にはありませんでした。

働くってやっぱり大変だけど、それ以上に得られるものは多いなぁと実感しています。

今は難しくてもいずれは働こうと思っているなら、なおさら「在宅ワーク」がおすすめです。

しっかり働けば、ちゃんとした職歴・実績になります。ブランクも感じさせない、立派なアピールポイントになりますよ!

▼ さまざまな副業・在宅ワーク可能な仕事を集めたおすすめサイト

▼ 在宅ワークの始め方がわかるおすすめ書籍

超初心者でも稼げる在宅ワークの始め方 無理せず毎月5万円!/野川ともみ

専業主婦が在宅ワークを始めてよかった3つの理由

みふみログ

あらかじめお伝えすると、在宅ワークは楽して稼げる仕事ではありません。職場に出勤しなくても、おうちで仕事ができるというだけ。

みふみ
みふみ

どんな仕事でも、責任や社会人としての自覚は必要だと思います

もちろん責任をもって仕事をすれば問題はなく、家庭を優先しながら働くことができる魅力的な働き方です。

そのうち仕事に慣れて「稼ぎたい」「もっと働きたい」となれば、仕事を増やしたり個人事業主になったりと自由に働き方を変えられます。

では、何もない専業主婦だった私が、在宅ワークを始めてよかったと思う3つの理由をご紹介します。

  1. 働いてお金を得ることが自信につながる
  2. 没頭することで気分転換になる
  3. 必要とされるってやっぱり嬉しい
みふみ
みふみ

ちなみに私はwebライターをしています!楽しいですよ!

理由① 働いてお金を得ることが自信につながる

買い物にいってお金を使うとき、何だか後ろめたく感じることはありませんか?

何を買うにも家族のことがチラついて、欲しいモノも好きなときに買えない。家族に経済的に依存している状況は、ふとしたときに不満につながることもあるでしょう。

みふみ
みふみ

私は「経済的に自立したい」と強く思っていました……

もし、月1万円お金を稼げたら、好きなように使えるとしたら何に使いますか?

食費や生活費の足しにしたり、気になっていた化粧品を買ったり、自分が稼いだお金ならそこまで後ろめたく感じないはずです。

専業主婦歴が長くなると、自分でお金を稼ぐ経験がほとんどなくなります。ポイ活や節約でお金を減らさない工夫はできても、働いてお金を得る機会はぐっと減るんですね。

在宅ワークを始めてから、改めて感じたのは

みふみ
みふみ

働いてお金を得るって、こんなにも精神的に安定するんだ

でした。

夫より稼ぎは少ないけれど、家事育児をしながら仕事をしている。その成果を、お金を得ることで実感できる。

何より、働いてお金がもらえるって嬉しいです!!笑

在宅ワークで初めて報酬ゲットできたときは、まるで社会人1年目のとき、初任給をもらったときの喜びと同じでした。何度経験してもいいものですね。

「もっと頑張ろう」「もっといいものを提供しよう」と気合いが入って、ますます仕事に夢中になれます。

また、私の作業時間は、家事育児の合間がほとんどです。思うように時間が取れず大変なことも多いですが、無事に仕事を終えたときの達成感はたまりません!

みふみ
みふみ

どう時間を捻出するか?時間の使い方をよく考えるようになりました

時には、夫に子ども達をお願いして作業時間を確保することもあります。

何とか在宅ワークに食らいついている現状ではありますが、家族が応援してくれるのは何とも心強いものです。

私が働いて得たお金で、回転ずしに行けたのも嬉しかったです。そうして少しずつ自信をつけ、もっと稼げるようになりたい!と目標を大きく持てるようになった私がいます。

理由② 没頭することで気分転換になる

在宅ワークを始める前は、「時間のやりくりとか無理」「未経験だし大変そう」というイメージがありました。

実は、在宅ワークを一度挫折しています。不安はありましたが、二度目のチャレンジで真剣に取り組んでみたところ、いつの間にか在宅ワークが家事育児の息抜きになっていたんです。

私の場合、仕事に集中しているときは、よくも悪くも没頭していて周りが見えていません。

みふみ
みふみ

この「没頭」がいいんですよね

家庭のことをやっているとき、頭のなかではあれこれ考えています。掃除しながら「夕飯のおかずは何にしよう」、子どもと遊びながら「あれを買いにいかなきゃ」等々……。

みふみ
みふみ

いわゆる”マルチタスク”は、1つのことに集中しにくくなるんです

1日のなかでいろいろな作業をこなし、夜にはぐったり。ゆっくりする余裕もなく、疲れて寝てしまう。不安やモヤモヤは募るばかり……と悪循環に陥ることもありました。

しかし、仕事をしている間は、仕事のことで頭がいっぱいになります。時間も限られているので、より集中して取り組まなければいけません。

結果、没頭してもくもくと作業することになり、時間が経つのもあっという間。

没頭することで、家事育児のストレスも減っていくのを感じました。

ちなみに、子どもが小さいうちは、子育てに支障が出ないよう気を付けています。つい仕事してしまうと、余裕がなくなるから。

とはいえ、納期に遅れたり、どこか半端な気持ちでは先方に失礼です。

そうして仕事に集中していると、不安やモヤモヤなど感じる暇もありません!

みふみ
みふみ

家事育児以外のことであえて忙しくしてみるのも、有効だなぁと感じています

フルタイムで働いているワーママとは比べない。

過去の自分より、確実に前に進めている(はず)の自分を褒める。

在宅ワークで気分転換をして、不安やモヤモヤにさいなまれない充実した毎日を過ごしましょう。

理由③ 必要とされるってやっぱり嬉しい

クライアント(仕事をくれる人)からしてみれば、私は大勢いる在宅ワーカーの1人。

「あなたが必要!」と言われることは、実績や経験の少ない初心者にはほとんどありません。

それでも、仕事をしていると不思議と社会とのつながりを感じます

みふみ
みふみ

調べものや先方とのやりとりを通じて、家族以外とつながれるからかなぁ

私も社会の役に立てるんじゃないか、できることはあるんじゃないか、と在宅ワークを始めて思うようになりました。

少しずつ経験が増えるなかで「良い記事をありがとうございます!」なんて言われると、小躍りしながらついついお酒が進んじゃいます。

こんな私でも、必要とされている(かもしれない)って思えるのは幸せなことですね。

在宅ワークを始めて、自分自身のアンテナがあきらかに高くなったのを実感しています。同じように在宅ワークをしていたり、フリーランスで働いているママに刺激されることも多々。

みふみ
みふみ

webライターという仕事も、私に合っている気がするんです

webライターは、書くことよりも「リサーチが命」といわれています。リサーチをして、正しく根拠ある情報をもとに、わかりやすく書いて伝えなければいけないからです。

そうして、根気強くいろいろと調べているうちに、世の中には本当に数多くの仕事があって、人の数だけ生き方や働き方があることに気付きました

よく考えればわかることだけど、自分や家族のことだけで頭がいっぱいだったんですねぇ。

私は、在宅ワークという働き方を知ったおかげでwebライターを始め、知識や経験値が増えました

みふみ
みふみ

webの知識は知れば知るほど興味がわきます!

「もっと知りたい」という知識欲も満たされるので、始めてよかったと心から思っています。

まとめ|モヤモヤ専業主婦に在宅ワークはおすすめ!

何となく感じる不安やモヤモヤとした気持ち、いつまでも抱えるのはしんどいものです。

専業主婦は家族のために動ける、献身的で立派な存在です。けれど、不安やモヤモヤを抱えているなら、現実を変える何かをぜひ始めたいところ。

そこでまずは、「なぜ不安なのか?」「どうしてモヤモヤするのか?」と自分に問いかけながら、向き合う時間を大切にしましょう。

みふみ
みふみ

焦ってあれこれ手を出した結果、遠回りしたなぁと私は思っています

そしてもし、”社会参加”や”仕事”をするのが解決策になりそうなら、在宅ワークがおすすめです!

インターネットが普及した現代、在宅ワークでしっかり生計を立てている方もいます。私自身、子育てや家庭を優先しつつ柔軟に働ける、とても魅力的な働き方だと感じています。

コツコツと実績を積む大変さはありますが、家庭以外でも居場所ができることは心の安定にもつながりますよ。

無理だったら、辞めればいいだけ。経験値が増えるから、むしろプラスではないでしょうか。

いつのまにか、不安やモヤモヤを感じる暇もないくらい充実してくるはず。専業主婦のモヤモヤ解消に在宅ワーク、おすすめです!

\ 在宅ワークを始めるならクラウドワークス! /
クラウドワークスを見てみる

タイトルとURLをコピーしました