専業主婦のモヤモヤは在宅ワークで解消!始めてよかった3つの理由

仕事

「ワーママを見ていると焦る!」
「このままでいいのか不安…」

妊娠・出産を機に専業主婦になったものの、なんだか後ろめたい気持ちはありませんか?

みふみ
みふみ

はい、私がそうでした…!

家事や育児を一生懸命やっているはずなのに、子ども達を誰よりも近くで見られるはずなのに…。

モヤモヤを抱えながら過ごすのはつらいですよね。

うさ子
うさ子

家事も育児も立派な仕事だけどね…

そんなモヤモヤを抱えている専業主婦の方におすすめしたいのが、在宅ワーク。

現在の私は、日中は未就園児の子どもを見ながらも、「在宅ワーク」のおかげでメリハリのついた生活を送っています。

みふみ
みふみ

簡単ではないけれど、始めてよかったと心から思う

この記事では、実際に専業主婦から在宅ワーカー(おうちで仕事をする人)となった私が、在宅ワークを始めてよかったと感じている理由を3つお伝えします。

在宅ワークが気になっている人、どこかモヤモヤを感じている専業主婦の人、日々の生活に在宅ワークを加えてみませんか?

\ 在宅ワークを始めるならクラウドワークス! /
クラウドワークスを見てみる

在宅ワークが専業主婦のモヤモヤを解消する?

専業主婦のモヤモヤと言っても、いろいろありますよね。

・専業主婦は楽だと思われている
・ワーママが輝いて見える
・働きたくても働けない(体調・育児・介護など)
・ワンオペ育児つらい
・家事育児だけの毎日に不安
 
みふみ
みふみ

どんな環境の人だって悩みはあるよね

以前、NHKのEテレ番組「すくすく子育て」で、専業主婦のモヤモヤについての特集がありました。

参照:専業主婦のモヤモヤ - NHK Eテレ すくすく子育て

 
先生は、「モヤモヤやつらい気持ちを大事に」や「専業主婦の経験は生きる」など、私たちのモヤモヤとした気持ちを前向きにとらえるよう伝えてくれています。
  • 夫の理解を得る
  • 子どもを預ける
  • 子育て支援をしている場所へ行く
など、周囲の手を借りることで、モヤモヤが解消される人もいるかもしれません。
ですが、周囲の手を借りたり、1人の時間を持ってみても、モヤモヤが解消されない場合はどうしたらいいのでしょう。
私たちがつらいのは今ですよね。
モヤモヤを抱え続けるのはしんどいです。
私は、このモヤモヤから一刻も早く解放されたかった。モヤモヤをなくして、純粋に育児を楽しみたいと思っていました。
そして、いろいろ調べてたどり着いたのが、在宅ワークです。
 
みふみ
みふみ

在宅ワークは専業主婦のモヤモヤを解消する術になり得る!

モヤモヤするのは必要とされたいから?

  • 社会との接点がなく孤独
  • 将来への漠然とした不安
  • 周囲を見て感じる焦り
  • 理想と現実のギャップ
専業主婦になり、特に育児が始まってからは、今までにない孤独・不安・焦り・周囲とのギャップなどを感じるようになったのではないでしょうか。
みふみ
みふみ

専業主婦を思い切り楽しんでいる人がうらやましい!

これらが思い当たる人は、仕事をしていない、つまり社会参加できていないのが原因かもしれません。

社会に参加すること(仕事)で得られるのは、お金だけではないですよね。

うさ子
うさ子

知識や経験、人とのつながり、やりがいなんかもそうだね

みふみ
みふみ

専業主婦でも得られることはある。だけど…

専業主婦の行動の対象は、家族や身内です。

日々、家族のために当たり前に行っていることが、家族も自分も普通になってしまいます。

体調が悪くて「今日はゆっくり寝ていたい」と思っても、そうするのか何だか後ろめたいですよね…。

そんな日々の苦悩や頑張りにたいして、感謝されたい!とか、専業主婦はすごいって言われたい!とは望んでいないです。

ただ、頑張ってるのが認められたら、社会から必要とされたら、そのモヤモヤは消えるかも…と思いませんか?

在宅ワークなら「働く」ことへのハードルが下がる

専業主婦のまま、モヤモヤを解消するきっかけが掴めなければ、ずっとモヤモヤは続きます。

うさ子
うさ子

じゃあどうしたらいいんだって話だよね

専業主婦であることでモヤモヤを感じているなら、専業主婦でない自分になるのも1つの手段です。

そう思って私は、在宅ワークを始めて「主婦業だけではない、働いている私」になりました

専業主婦のモヤモヤを解消するなら、何かしら行動するのが解消への近道だと実感しています。

ちなみに、

みふみ
みふみ

行動した結果、ネットワークビジネスや新興宗教に通ってたことも…

おすすめはしません。寄り道しすぎました。

孤独も不安も焦りもギャップも、その感情に飲み込まれてしまうと増大するだけ。
どんなことでもいいので、現状に「行動」というスパイスを加えてみてください。見える世界が変わるかもしれませんよ。
 
ここでいう「行動」とは、受け身の行動ではありません。
習い事やサークル参加など、主催者がいてそれに参加するなどの行動だけでなく、わかりやすく言えば自らが動く側になること。

 

「働く」ということです…!

 
ボランティアやふぁみサボなど、地域に関わるのもいいですね。
しかし、特に子どもが小さいうちは、子連れでボランティアなんてそうありません。
託児所付きの職場を探すのも、ハードル高いですよね。
みふみ
みふみ

そこで、在宅ワークの出番なのです!(どやぁ)

在宅ワークは、その名の通り、「在宅=おうちで」「ワーク=仕事」をします

託児所付きの職場を探さなくても、通勤しなくても、おうちで働けるんです!
子どものお昼寝の時間やすき間時間を使って仕事をするので、働くハードルがぐんと低くなりませんか?
うさ子
うさ子

仕事に家事育児と忙しいとモヤモヤする暇なんてないよ

みふみ
みふみ

環境って大事!仕事だから収入もあるしね

もし、育児が落ち着いたらどこかで働こうという気持ちがあるなら、なおさら「在宅ワーク」はおすすめです。

しっかり働けばちゃんとした職歴・実績になるので、何もしないよりアピールポイントになりますよ。

\ 登録は簡単!お仕事多数! /
クラウドワークスを見てみる

専業主婦が在宅ワークを始めてよかった3つの理由

あらかじめお伝えしておくと、在宅ワークは楽して稼げる仕事ではありません。社会人としての常識ある行動は、どんな仕事でも同じです。

みふみ
みふみ

「始めやすい仕事 = 誰にでもできる = 楽」なんてことはない

仕事としてしっかり取組んでいれば、在宅ワークは頑張った分だけお金(報酬)がもらえる、魅力的な仕事です。

仕事に慣れて「稼ぎたい!」「もっと働きたい!」となったら、仕事を増やしてさらに思いっきりやればいいと思います。

うさ子
うさ子

自分を見失わない範囲でね

この記事では、モヤモヤしている専業主婦に、モヤモヤの解消法として在宅ワークをおすすめしています。脅すわけではありませんが、楽に稼げる仕事はないのでご注意を。

では、何もない専業主婦だった私が、在宅ワークを始めてよかったと思う3つの理由をご紹介します。

① 働いてお金を得ると自信につながる
② 気がまぎれる・気分転換になる
③ 必要とされるってやっぱり嬉しい
 
みふみ
みふみ

私はwebライターをしています!楽しいですよ!

理由① 働いてお金を得ると自信につながる

ご主人や家族が稼いだお金を使うとき、何だか後ろめたく感じていませんか?

みふみ
みふみ

私は感じます。欲しいものも許可を取ります…

何を買うにも夫のことがチラついて、経済的に依存している状況は、ふとしたときにつらく、時に不安に感じてしまいます。

経済的に自立できたら、と思う事も多いです。

うさ子
うさ子

一般的な家庭だと家計的にも正直しんどいよね

ですが、月に1万円だけでも自分で稼げたら…どうでしょう。

少しは食費や生活費の足しに、残りは欲しかった化粧水を買ったとしても、後ろめたくありません。自分で稼いだお金だからです。

時給換算しちゃうと心が折れそうですが、お金以外ものもを得られるとわかったから、約1年続けてこれました。

働いてお金を得るという経験

専業主婦歴が長くなると、自分でお金を稼ぐという経験がごそっとなくなります。「働いてお金を得る」ことがなくなるんですね。

それが、在宅ワークの報酬として、自分が働いたことでお金を得られるのはとっても嬉しい

みふみ
みふみ

働いてお金を得る嬉しさは何度経験してもいいものです

「もっと頑張ろう」「お金の価値以上に見合うものを提供しよう」と気合いが入ります。

経験が自信につながる

気づけば、家事育児の合間に仕事のことを考えているときもあり、モヤモヤを感じる暇がなくなります。

私は、家事育児の合間に仕事するので大変なことも多いですが、大変さを乗り越えて得るお金は自信につながります。

みふみ
みふみ

私の作業時間は、夜遅くか早朝。おかげで早起きもできるように!

時には夫に子ども達をお願いして作業時間を確保し、何とか在宅ワークに食らいついている現状。

続けているうちに家族の理解も得られるようになって、協力し合いながら仕事をしています。

それがむしろ自信に繋がって、モヤモヤ解消どころか自分を強くしてくれる力になっているのです。

理由② 気がまぎれる・気分転換になる

在宅ワークを始める前は、「時間のやりくりとか無理」「大変そう」というイメージがありました。

しかし、いざ蓋を開けてみると、在宅ワークが家事育児の息抜きになっているんです。

私の場合、仕事に集中しているときは、よくも悪くも没頭していて周りが見えていません。

頭のなかが仕事でいっぱいになってしまうので、「子どもの前では仕事をしない」と決めて、家事や育児に支障が出ないよう気を付けています。

うさ子
うさ子

本来の目的や在宅のメリットを生かせなくなるもんね

みふみ
みふみ

私の理想は、家族優先。子どもを見ながらできる仕事であること

まだ子ども達が小さいこともあり、優先順位は家族 > 在宅ワークです。

そうして限られた作業時間では、仕事以外のことを考える余裕はありません

仕事がある以上、仕事をくれるクライアントがいます。納期に遅れたり、家族優先だからって片手間な気持ちで仕事はできません。

そうして仕事に集中していると、不安や焦りなど思う暇もなく、モヤモヤを感じることが減っているのを実感しています。

主婦でも妻でも母でもない時間を持つことで、気がまぎれて気分転換になっています。

仕事で落ち込むことがあったら、子ども達(たまに夫)に慰めてもらいます。

みふみ
みふみ

ネガティブな気持ちを引きずらずに済むよ

フルタイムで働いている主婦と比べると、仕事時間や稼ぐ金額など大きな差があります。

ですが、比べるのは周りではなく、過去の自分で十分なので気にせず。

忙しいって、大変だけど「よっしゃー、やるぞー!」と燃えるのが楽しいですよ。

理由③ 必要とされるってやっぱり嬉しい

クライアント(仕事をくれる人)からしてみれば、私たちは大勢いる在宅ワーカーの中の1人。

「あなたが必要!」と言われるのは、実績や経験の少ない初心者にはあまりないです。

それでも、仕事をもらえることで社会とのつながりを感じます。

うさ子
うさ子

家庭こそ純粋に「あなたが必要」な場なんだけどね

みふみ
みふみ

家庭だけだと視野がせまくなったように思えて不安になる

在宅ワークを始めて、社会から必要とされている(と思っている)状況は幸せなんだと感じています。

専業主婦は、時折視野がせまくなりがちです。

孤独や不安や焦りが堂々巡りしてしまうのも、視野のせまさゆえ。

仕事を通じて社会に興味を持ってみると、いろいろな仕事があって、それぞれの生き方や働き方があって、いろんな人がいることを実感させられます

私は、在宅ワークという働き方を知り、知識や経験が増えました。

知識欲も満たされるので、始めてよかったと心から思っています。

まとめ|モヤモヤ専業主婦に在宅ワークはおすすめ!

  • 在宅ワークが主婦のモヤモヤを解消する
  • モヤモヤの原因は必要とされたい気持ち?
  • 解消するなら行動を!働こう!
  • 自分でお金を稼ぐ経験が自信につながる
  • 在宅ワークは家事育児の気分転換になる
  • 社会にも必要とされるって嬉しい

専業主婦になった経緯も環境も、人それぞれ。

専業主婦だって悩むし、考えるし落ち込みます。

だけどそれがもし、孤独感や不安や焦りなど、考えたところで解消しないモヤモヤであったら…。

いつまで続くかわからない不安定な状況から抜け出すには、行動するしかないようです。

働くことのハードルをぐっと下げる「在宅ワーク」

難しく考えるまえに、ちょっと勇気を出して始めてみませんか?

無理だったら辞めればいいだけのこと。

モヤモヤする暇がない状況は、いつの間にかモヤモヤの解消につながりますよ。

モヤモヤ専業主婦に在宅ワーク、おすすめです!

\ 在宅ワークを始めるならクラウドワークス! /
クラウドワークスを見てみる

タイトルとURLをコピーしました