バレーボールの魅力とは。控えめに言って最高のスポーツ

趣味
スポンサーリンク

観ましたか?

観ましたかみなさん!!

「ワールドカップバレー2019」の男子大会。日本の初戦、対イタリアとの試合を!!!!

男子の試合で、久々に燃えました。

3セット連取のストレート勝ちが決まった瞬間、何だか熱いものがこみ上げてきましたよ。

 
ひよ吉
ひよ吉

石川君はさすがだったけど、他のメンバーも輝いてたね

 

みふみ
みふみ

石川くんレベルアップしてたね。とても興奮した!

 

女子大会からワールドカップを観ていて、改めて感じたのは、

バレーボール最高じゃん?

ってこと。

生涯を通して年齢問わずできる、国民的スポーツでもあるバレーボール。

その魅力を、元バレー部でのバレー馬鹿が思いのままに語ります!

 

みふみ
みふみ

ここでは、6人制バレーについてふれるよ

【はじめに】ワールドカップバレー2019の見どころ

今回のワールドカップの見どころは、女子・男子共に、東京五輪のための腕試しといったところでしょうか。

日本は、開催国枠としてすでに東京五輪の出場が決まっています。

 

みふみ
みふみ

東京五輪延期…早く試合が観たいなぁ

 

今の日本の実力は、メダルに届くのか?

世界に日本の強さをアピールすることができるのか?

選手や戦術などが通用するのかを試しながら、東京五輪を見据えたチーム編成で臨んでいるのが、日本代表の今大会の印象です。

 

ひよ吉
ひよ吉

ワールドカップも東京五輪も、狙うはメダル…!

※最終順位は男子4位、女子5位。惜しい…!

 

前回の2015年大会までは、オリンピック出場枠をかけた大会でもありました。

優勝国・準優勝国が、大会の翌年に行われるオリンピックの出場枠をゲットできたのですが、どうやら2019年大会からはなくなってしまったようです。

ですが、オリンピック前の大事な大会であることは確か

 

みふみ
みふみ

世界ランク上位の国と戦えるからね。どこも強い!

 

ひよ吉
ひよ吉

日本は開催国枠で出場しているよ

 

日本は開催国枠で出場していますが、他のチームは大陸間予選を勝ち抜いてきた国。つまり、ワールドカップ本大会に向けて、チームが仕上がっている状態です。

大陸間で実力の差はあれど、女子は中国やアメリカ、男子はブラジルやポーランドなど、世界ランク上位の強豪国が出そろうワールドカップ。

そんな中で、日本がどれだけ戦えるのか、結果を残せるのか?

はたまた、チーム内でも「オリンピック出場選手として選ばれるか?」をアピールする大会でもあります。

 

みふみ
みふみ

女子は大会では石川真佑ちゃんが注目されたよ

 

ひよ吉
ひよ吉

メンタルも強いし、五輪メンバーに入ってもおかしくないね

 

男子大会は、まだ始まったばかり。

初戦の勢いで波に乗って、いい結果を求めたいですね!

(※男子の最終結果は4位…!メダルまであと一歩!)

 

ひよ吉
ひよ吉

ゴリや福澤さん世代の存在感、19歳の西田…

 

みふみ
みふみ

頼もしいチームだよね。私は柳田くんが好き!

 

次は、元バレー部の私が思う、バレーボールの魅力をお伝えします。

【バレーの魅力①】絶対に落とさないための努力

バレーボールは、他の球技と違って、ボールを下に落とさないスポーツです。

サッカー、バスケ、野球、テニスなどはどれも、ボールを落としたって構いません。

ですが、バレーボールは、ボールを落としたら相手に点数を与えることになります。絶対に落とさないために、ボールをつなぎ、そして相手に攻撃を加えます。

 

みふみ
みふみ

落とさないための守備がいいチームは強い!

 

レシーブ、トス、スパイク、とボールを落とさないようにつなぐ技術と、攻撃をする技術が必要です。

なぜなら、点数を取らないと勝てないから。

サーブ、スパイク、フェイント、ブロックなどを駆使し、相手コートへ攻撃をします。ボールの勢いに強弱をつけて、いかにボールを拾わせないかを競います。

 

ひよ吉
ひよ吉

勢いのあるサーブやスパイクはよく注目されるよね

 

みふみ
みふみ

それ以上にサーブレシーブやトスワークが鍵なんだけどね

 

選手たちがあまりに軽やかに、レシーブ・トス・スパイクとつなげるので、観ているこちら側は、何だか同じようにできる気がしますよね。

想像するまでもないですが、まぁ、当然にできませんね。

こんなのとか…

こんなのも…

選手たちがそれぞれの技術を磨き、メンタルも鍛えて、相手コートだけでなく、自分たちのコート内の動きも確認する。

広い視野と集中力、そしてチームメイトへの信頼感。

これらがないと、ボールはどうしたってつながらないんです。

 

 

みふみ
みふみ

集中していると外野の応援もあまり聞こえないと思う…

 

私の思うバレーボールの魅力、それは…

コートに立つまでの並大抵ならぬ努力が垣間見え、絶対にボールを落とさないという気迫と、チーム一丸となって点数を取れた時に感じるあの一体感を感じられること

 

ボールがなかなか落ちない試合展開を「ラリー」と言いますが、ラリーが続いて、どちらが点数をとってもおかしくない状況になるときがあります。

集中力が一段と高まり、「点数を取る!ボールを落とさない!」といった気迫を感じたとき、観ているこちら側もドキドキしますよね。選手・観客ともに気持ちが高揚し、そうして点数が取れたとき、一気に「うわぁ~!!」と気持ちが爆発するんです。

 

ひよ吉
ひよ吉

「うわぁ~」って(笑)

 

みふみ
みふみ

あの高揚感は本当に興奮する!バレー楽しい!!

【バレーの魅力②】メンタルの影響が大きい

私は、小学5年生の冬からバレーボールを始めて、約7年ほどのバレー経験者です。小・中・高・社会人とバレー部に所属していました。

社会人になってもまたバレーをしている自分に、「バレーは私の人生の一部なんだな」と気付きました。

おかげで、この自己満コンテンツが書けるってわけです。

 

ひよ吉
ひよ吉

自己満って自覚あったんか

 

バレーボールは、メンタルの影響が大きく出るスポーツです。

ちょっとでも弱気になると、それがプレーに現れてしまうんですね。

実力は互角でも、「よっしゃ、決めてやる!」と強気な人と、「決まらなかったらどうしよう」とどこか不安がある人では、断然に強気な人のプレーの方がパワーを感じます。

そんなメンタル面がけっこうわかりやすく影響するのが、バレーボールの面白いところ

 

みふみ
みふみ

チームの雰囲気や試合の流れが変わったりするよね

 

ひよ吉
ひよ吉

黒後選手とか石川真佑選手のメンタルは強いな。ブレがない。

私は下手の横好きで、何だかんだ7年ほどバレーをしていましたが、あまり上達はしませんでした。

それは、自他共に認める豆腐メンタルだから。

 

みふみ
みふみ

失敗したら…怒られたら…ってよく考えちゃってたなぁ

 

元バレー部だとわかる程度には、技術は身に付きましたが、メンタル強化がきっと私の課題だったのでしょう。

気付くの遅かったなぁ…。

 

ひよ吉
ひよ吉

もし伸び悩んでいる人がいたらバレーとの向き合い方を考えてみて

【バレーの魅力③】チームスポーツながら自己中も必要

【バレーはチームスポーツなんだけど、「自分がやる。自分が決める」ってどこか自己中な部分があっていいと思う】

という趣旨のことを、日本男子のエース・石川祐希選手が言っていて、その通りだなと共感しました。

バレーは、ボールをつなげるチームスポーツです。

 

 

みふみ
みふみ

勝利という同じ目的に向かって一丸となるのが大事だね

 

ですが、勝ちにいくには、「自分が決める」という強い気持ちが不可欠で、各々の努力あってこそのチームスポーツなんだと感じています。

 

ひよ吉
ひよ吉

結果を出している石川選手の言葉は強い

チームの中の1人となると、「誰かが決めてくれるはず」とどこか甘えてしまうのが人の性と言いますか。

集団の中にいると、「これぐらいやっておけばいいかな」ってなりません?

 

みふみ
みふみ

私はなる。豆腐メンタルゆえん(涙)

 

メンタルの強さにもつながる話ですが、自己中くらいの方が勢いも実力も伴うのだと思います。

 

ひよ吉
ひよ吉

「俺がやる」って強さに見入ってしまうね

 

みふみ
みふみ

チームスポーツ=和気あいあい、ではないということだね

 

遠慮したら、絶対に結果は出せません。

「先発メンバーに入る!」

「全試合に出場する!」

「自分が決める!」

「自分がレシーブする!」

そういう強さや気迫が感じられるプレーは、観ていてとても気持ちがいいものです。

【バレーの魅力④】空気が変わった瞬間からの勢い

テレビでバレー観戦していると、「日本に流れがきましたね!」と実況していたりしますよね。

バレーはこの「流れ」、つまり「場の空気」を自分たちのものにできたら、実力以上の結果がついてくることがあるんです。

 

みふみ
みふみ

流れがきたときの勢いと言ったら!

 

ワールドカップでも、場の空気を見事に自分たちのものにした試合がありました。

それが、日本男子の初戦です。

 

ひよ吉
ひよ吉

10月1日の日本対イタリア、まさに昨日のことだね!

 

みふみ
みふみ

その感動のままに、この記事を書いてるよ

 

試合の序盤から、いい立ち上がりを見せた日本男子。

体がよく動き、無駄な動きもほとんどありませんでした。

いつもなら?、イタリアに追いつかれて流れが相手に変わり、ずるずる点数を取られていく…というイメージが強かったのですが、この試合は違いました。

特に、第3セット目。

日本が2セットを先に連取し、イタリアは当然このセットを奪う勢いでした。

スパイクが決まっていた西田選手がマークされ、相手のブロックやスパイクが決まるように。

 

みふみ
みふみ

正直ひやひやした~~!

 

だけど!

日本は、そこをぐっと堪えたんですね。

流れを相手に譲らず、どっちが勝ってもおかしくない雰囲気がありました。

 

みふみ
みふみ

「本当に日本の試合?」と疑ってしまった。ごめんなさい!

 

ぐっと堪えて、流れを自分たちに引き寄せました。

そうしたらまた、サーブやスパイクなどが決まり、点数が入るようになったんです。

 

みふみ
みふみ

思い出すだけで興奮でゾクゾクする…!

 

ひよ吉
ひよ吉

男子の試合で久々に興奮したね

 

とても面白くて、いい試合でした。

あんな試合を観てしまうと、元バレー部員としてはバレー熱が燃え上がります。

 

バレー最高!超最高!!

 

声を大にして言いたい気分です。これだから、バレーをやめられないんだなぁ(今はやっていません←)。

【まとめ】純粋に楽しい!ボールにさわりたい!

バレー経験者や普段からスポーツをしている人にはあるあるかと思いますが、ワールドカップなどの試合を観ていると、

「ボールにさわりたい!」

「バレーがしたい!」

と、うずうずしてくるんですよね。

バレーボールは、6人制・9人制・ソフト・ビーチ・シッティングなどの種類があり、小学生からシニアまで幅広い世代が楽しんでいるスポーツです。

バレー観戦も、テレビよりは会場で応援するのがおすすめ!

 

ひよ吉
ひよ吉

生で観ると、本当に迫力がすごいよ

 

みふみ
みふみ

Vリーグは地方に回っていたりするので観戦しやすいかと!

 

近年のバレーの試合は、視聴率が取れなくなったと言われているそうです。

私は、テレビでバレーボールを観たのがきっかけでバレーを始めたので、同じように多くの人にバレーを観てほしいなぁと思っています。そして、私の小さなブログでも、バレーの面白さが誰かに届くといいなと思っています。

控えめに言っても、バレーボールは最高です。

 

 

みふみ
みふみ

経験者ゆえに何度も嫌になったけど、やっぱり楽しい!

子育てが落ち着いたら、ママさんバレーでもやろうかなと秘かに思っています。 
(体が動くかな…汗)

タイトルとURLをコピーしました