【ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー】一言一句見逃せない親子の成長物語|読書感想

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー|読書感想
スポンサーリンク

Yahoo!ニュース×本屋大賞2019で、ノンフィクション本大賞を受賞した「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」

英国ブライトンの「元底辺中学校」に入学した息子さんの日常が、”母ちゃん”こと、著者のプレイディみかこさんの視点も交えて綴られています。

いたるところに、考えさせられる多くの言葉が散りばめられており、何度も読み返したい本です。

 

みふみ
みふみ

親子の会話がとにかく深い…!

英国の現実や、子どもの柔軟性などから多くのことが学べる「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」の読書感想です。

 

小説のようなノンフィクション本

「ぼくはイエローで(以下略)」を手に取った理由は、Yahoo!ニュース × 本屋大賞でノンフィクション本大賞を受賞した話題作として、気になっていたからです。

 

ひよ吉
ひよ吉

本屋大賞はノミネートだけでも話題になる注目のイベントになったね

 

ぱっと目につく黄色い表紙には、帽子をかぶった男の子の絵が描いてあり、どことなく青春小説を思わせる雰囲気。

しかし、” 真実は小説よりも奇なり ”という言葉のように、「ぼくはイエローで」に綴られている英国のリアルな現実は、実に複雑で難しくてドキドキさせられます

 

みふみ
みふみ

11歳で目の当たりにする現実がこれって…と、時に苦しくなる

 

ひよ吉
ひよ吉

重い内容もあるけど軽やかで読みやすい文章なんだよね

 

ノンフィクション本は難しい印象がありましたが、この本は会話が多いからか、難しい内容もイメージしやすく、すらすらと読み進められました。

互いに1人の人間であるということ

ブレイディみかこさんとご家族は、英国のブライトンという都市に住んでいます。

英国というと、ロンドンの歴史ある街並みが思い浮かびます。と同時に、近年は「EU離脱」で国中が揺らいでいました。

興味深いのが、

こうした時代の空気は中学校の教室にも流れ込んでいる。というか、子どもたちのほうが、よりむき出しの形でトリッキーな社会問題を日々体験することを余儀なくされているようだ。(P66)
という視点。
子ども達は、国の社会問題の影響をもろに受けてしまっている、そのような時代の空気は、学校にまで流れ込んでいると言います。
本のなかでは、
  • 貧困
  • 階級
  • 人種差別
  • 教育格差
  • アイデンティティ
  • LGBTQ

などの複雑な問題が、中学生の日常を通してリアルに描かれています。

これは一見、英国だけの出来事のようで、私たち日本人も他人事ではありません

日本でも近年、子どもや女性の貧困問題が叫ばれるようになりました。

LGBTへの理解、外国人労働者の受け入れなど、英国と似たような課題を抱えています。

 

みふみ
みふみ

そして、どの問題も子どものいじめや差別の原因になりかねない

英国の学校では、

  • コミュニケーション力を高めるための教科「ドラマ(演劇)」
  • シティズンシップ・エデュケーション(政治や社会問題について学び主張するための教育)

など、社会を生きるためのスキルを身に付けます。

多種多様な考えや生き方があることを、早くから学ぶのです。

 

ひよ吉
ひよ吉

かたや日本はどうだろう…

例えば、日本国内の外国人労働者の数は、2019年10月時点で過去最多の166万人と増え続けています(日本経済新聞2020/1/31)。

肌や髪の色、価値観、宗教観などは国によってさまざまです。

これからもっと外国の人と触れ合う機会が増えるなか、私たち日本人は、多種多様な生き方や考えを素直に受け入れられるでしょうか

日本人同士でも乗り越える課題が山積みな現代で、日本人であれ外国人であれ、互いに1人の人間として付き合うために必要なこととは何でしょうか

 

「いや、頭が悪いってことと無知ってことは違うから。知らないことは、知るときが来れば、その人は無知ではなくなる」(P35)
私は、「ぼくはイエローで…」に出会えてよかったと心から思います。
知らないことは知っていけばいい。
何事も知ることから始まるのだと、背中を押された気分です。

 

散りばめられた言葉の数々

「ぼくはイエローで」を読みながら、” 私には知らないことがまだまだたくさんある ”と改めて思いました。

本書のいたるところに散りばめられた言葉は、言葉自体が初めて聞くものだったり、会話などを通して、いろいろな気付きを与えてくれます。

 

みふみ
みふみ

考えさせられる言葉に頭は常にフル回転!

例えば、息子さんとブレイディみかこさんの親子の会話。

「でも、多様性っていいことなんでしょ?学校でそう教わったけど?」

「うん」

「じゃあ、どうして多様性があるとややこしくなるの」

「多様性ってやつは物事をややこしくするし、けんかや衝突が絶えないし、そりゃないほうが楽よ」

「楽じゃないものが、どうしていいの?」

「楽ばっかりしてると、無知になるから」(P59」

 
ふ…深い!
 
驚くのは、この頃の息子さんはまだ11歳の少年だということ。
日本だと小学校高学年にあたる頃から、人種差別や貧困などを目の当たりにし、考え問いかけ受け入れて、時にはいったん流して、進んでいく
その姿はなんとたくましく、柔軟なんだろうと感心するばかりです。
 
みふみ
みふみ
11歳の頃なんてアニメや漫画にしか頭になかった…
 
「EU離脱や、テロリズム問題や、世界中の中で起きているいろんな混乱を僕らが乗り越えていくには、自分とは違う立場の人々や、自分と違う意見を持つ人々の気持ちを想像してみることが大事なんだって。つまり、他人の靴を履いてみること。これからは『エンパシーの時代』、って先生がホワイトボードにでっかく書いたから、これは試験に出るなってピンと来た」(P74)
これも息子さんの言葉。
エンパシーとは、他人の感情や経験などを理解する能力のことです。自分が経験したり感じたこととは違う、他者を理解する「能力」がこれからの時代に必要だと言います。
 
ひよ吉
ひよ吉

そうなんだ!って発見と、どの言葉も見逃したくないって気持ちになる

「ぼくはイエローで」は、親子の会話の多さ、内容の深さに驚き、とても考えさせられます。

もう一度読み直して、ひとつひとつの言葉をよく理解したいと思える、魅力的な本です。

読みながら、「この言葉はどういうことだろう?」と考えられるのは、ブレイディみかこさんや息子さんから、とても重要な課題を出していただいたと思っています

未来は子ども達の手のなかに

私自身、2人の子を持つ母親です。

将来のことを思うと、子ども達が幸せに暮らせるのか、いらぬ苦労をせず暮らせるだろうかと不安な気持ちになります。

日本の政治経済を見ても、残念ながら「未来は明るい!」と心から思えません。

 

みふみ
みふみ

大人の責任ではあるよね…

しかし、息子さんや息子さんの友人を近くで見てきたブレイディみかこさんは、次のように仰っています。

さんざん手垢のついた言葉かもしれないが、未来は彼らの手の中にある。世の中が退行しているとか、世界はひどい方向にむかっているとか言うのは、たぶん彼らを見くびりすぎている。(P176)

ドキッとしました。

きっと私は、子ども達を見くびっています。今の大人に対しても、どこかもう諦めているのかもしれません。

ですが、これからの子ども達は、よりIT化が進んだ世界で生きていきます。私たちの想像をこえて、多種多様な価値観に早くからふれていきます

そして、

人種が違う良心を持っているから、移民から生まれた子どもだから、時々ブルーになることもあるなんていうのは、きっと前時代的なコンセプトなのだ。(P252)
と、前時代的なコンセプト(概念)は変わって、進化していく
人種も階級も性的指向なども関係なく、互いを1人の人間として接することができるように、私だって教えていくことができるはずです。
2人の子どもの母親として、大人として、子どもの未来に希望のある言葉にとても勇気をもらいました。

まとめ

子どもの成長を通して、英国の現実をリアルに伝える「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」は、多くの人に読んでほしいと心から思えるおすすめの1冊です。

多様性や貧困、アイデンティティなど、ちょっと難しい内容も、軽やかなわかりやすい文章のおかげで、こうも色鮮やかな日常に映るんだなと感じています。

 

みふみ
みふみ

ブレイディみかこさんの思慮深さ、知識の深さも見習いたい…!

「ぼくはイエローで…」は、新潮社のPR誌「波」で2020年3月号まで連載されていました。

続編に期待しつつ、日本の未来がいいものであるように、日本人として私も考え続けていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました